これからキャンプを始めたい!

インスタ映えやストレス解消、ファミリーの絆を深めたいなど…

さまざまな理由から、『これからキャンプにチャレンジしたい!』そう考えている方も多いのではないでしょうか。

実は筆者は、昨年の夏に初めてキャンプデビューしました。

その時なんと29歳。30歳目前にして筆者のキャンプライフはスタートしました。

子供の頃、両親に連れられてキャンプをした経験がある方も多いとは思いますが、筆者のようにそのような経験が全くない方もいるかと思います。

もちろん、今からでも遅くはありません!

しかし、いざキャンプを始めようと思った時にどうしても悩んでしまうのが『キャンプギア』

まず揃えておきたいのは、夜も明るく照らしてくれる『ランタン』かと思います。

テントや寝袋はレンタルを行なってくれるキャンプ場は多いのですが、ランタンはどうしても持参しなければならない場合が多いです。

また、テントなどの大型ギアよりもリーズナブルな点からも、まずはランタンをGETしておきたいところ。

そこで今回は、筆者の経験を活かしてランタンの選び方のコツをご紹介していきたいと思います。

ガスランタンとLEDランタン

ランタンは、大きく分けて2つの種類があります。

ガスカートリッジを装着して点火するガスランタンと、スイッチ1つで簡単に点灯するLEDランタンがあります。

こちらのカテゴリでは、それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

【ガスランタン】

メリット

・見た目がおしゃれ

ガスランタンは何と言っても見た目がおしゃれです。

レトロ感のあるものから、スタイリッシュなものまで…

カラーもデザインも非常に幅広いです。

・自身のイメージに合わせやすい

上記でも前述したように、カラーもデザインも豊富にある中からチョイスできるため、自身が作り上げたいキャンプサイトのイメージに合わせることも可能です。

ヴィンテージ風キャンプサイトや、無骨な男前キャンプサイトなど…

ガスランタンは存在感も大きいため、1つ置くだけで非常にインパクトがあります。

デメリット

・コストがかかる

ガスランタンは、名前の通りガスを使用します。

ガス缶を装着して点火するため、燃焼させる時間に応じてガス缶を購入しなければなりません。

大きさにもよりますが、1缶1,000円から2,000円前後です。

毎回キャンプのたびに購入するとなると、購入してからも毎回コストがかかります。

・寒冷地では使えない場合がある

ガス缶の種類にもよりますが、例えばコールマンのレギュラータイプでは寒冷地では使用できない場合があります。

その場合は、レギュラーではなくスーパータイプを使用すれば問題ないのですが、スペックが優れている分プライスはもちろんレギュラーよりも割高です。

LEDランタン

メリット

・扱いが簡単

LEDランタンは、基本的に電源のON / OFFはスイッチ1つです。

そのため、キャンプ初心者さんでも扱いに迷うことなく、家にある普段使用している家電のような感覚で手軽に扱うことができます。

ガスランタンは、地盤が安定していない場所で転がったりしてしまうと思わぬ火災などの原因にもなりかねません。また、ガラス製の場合が多いため、その際に破損してしまうなんてことも。

それに比べて、LEDランタンは逆さにしても問題なく使用することができます。

テントの中を照らす際にも便利です。

・明るさが安定している

ガスランタンはレバーなどで、火力(明るさ)の調節を行います。

風が強い日はグラグラしてしまうものも…

それに比べて、LEDランタンはボタン1つで明るさが一定です。

初心者でも安心して扱うことができることでしょう。

・スマホなどの充電ができる

LEDランタンは、基本的にiPhoneやAndroidのUSBケーブルを持参することで充電しながら使用することができます。

キャンプで日中、ガンガン使用してスマホを夜充電できるのは非常に嬉しいのではないでしょうか。充電が切れてしまって翌日アラームが鳴らなかった…なんて不便さも防ぐことができます。

デメリット

・乾電池の場合コストがかかる

乾電池式のLEDランタンの場合、ハイパワーであればあるほど大きな乾電池を数多く使用します。

実際に筆者も乾電池式のLEDランタンを持っていますが、明るさゆえ単一乾電池を7本使用します。最近のものは、バッテリーガードといって使用しない時の放電は防ぐ仕様にはなっているものの乾電池式はコストがかかるのが懸念です。

【まとめ : 実際に買って良かったもの】

結果的に、初心者キャンパーさんにはLEDランタンをおすすめします。
この扱いやすさから得られる安心感は大きいです。

また、現在キャンプを始めて1年が経とうとしていますが、結局乾電池式のランタンは使用しなくなりました。(やはりコストが気になります…)
実際に今使用しているのは、Yaei WorkersのBEAMです。
LEDランタンで、最大1200ルーメンですので夜でも十分に明るいです。
BEAMを選んだもう1つの理由は、数あるLEDランタンの中でもスタイリッシュおしゃれだから。
皆さんもLEDランタンで素敵なキャンプライフを。