自由で贅沢な時間を過ごす!ソロキャンプのススメ

【ソロキャンプってなに?メリットは?】

ソロキャンプは、名前の通り『ソロで楽しむキャンプ』です。
もっと噛み砕くと…1人でキャンプへ行くことを意味します。

キャンプというと、仲間や家族など大人数でワイワイと楽しむイメージがあります。
しかし、近年では芸人のヒロシが立ち上げたYouTube『ヒロシチャンネル』の影響もあり、ソロで楽しむキャンプが大注目されています。

『1人だなんて寂しい…』、『そもそも1人で楽しいの?』なんて声もありますが、ソロキャンプも実は非常に面白味があるんです。
以下でソロキャンプのメリットを挙げていきたいと思います。

『ソロキャンプのメリット』

・自分のペースで過ごすことができる

家族ならまだしも、仲間同士であればそれなりに気を遣うシーンもあります。
(友人の友人など、自分が知らない人も来るなら尚更…)
『そろそろご飯作る?』、『そろそろ寝ようか?』なんて、なにかと仲間で時間を合わせる必要があります。
しかし、ソロキャンプであれば、ご飯の時間も就寝時間も全て自分次第!
まわりに迷惑を掛けず、良い意味で『自己中』を楽しむことができます。

※ただ、自分自身はソロでも周囲に他キャンパーさんがいる場合は夜間の音楽などはNG。
テントはお部屋とは異なり、壁どころか薄い生地1枚…そうなると以外に音が気になります。

・日程調整も思いのまま

グループキャンプの最大の難関と言っても過言ではない、日程調整。
『〇〇日で大丈夫ですか?』なんてグループLINEを投げかけても…
『OKです♪』、『OKです♪』、『あ!私はその日仕事だ。』、『うーん、この日は微妙』だなんてことは日常茶飯事です。
幹事のような役割を担うと、尚更この日程調整の大変さを痛感すると思います。
しかし、ソロキャンプであれば全ては自分の予定だけ。
『この日にしようかな…いや!あと1週間ずらせば桜が満開だなぁ』なんて季節感あるキャンプも無理なく楽しむことができます。

・キャンプスキルのアップ

ソロキャンプは、テントやタープの設営はもちろん、調理も自分で行わなければなりません。
筆者もキャンプデビューは、グループキャンプでした。
しかし、グループとなると自分の苦手な箇所は誰かが補ってくれることが多いです。
筆者は女性ですので、テントの設営などは男性が行なってくれることも多かったです。
しかし、ソロキャンプを行ってみて大変だけどスキルアップした実感はありました。
『テントの設営って大変…』なんてことも、ソロキャンプの時に初めて感じました。
ただ、苦痛という感じではなく設営できたときは『達成感』や『充実感』で満たされました。
非常に心地の良い疲れと言ったら分かりやすいかもしれませんね。

テントの設営ができたので、次は火打ち石を使用しての火起こしにチャレンジしてみようかな…なんてことも現在考えています。このように、皆さんも自分のペースで少しずつスキルアップしてみてはいかがでしょうか。

・やりたいことをやりたいだけ

グループキャンプの場合、『ご飯はこれを作ろう♪』など、事前に計画する場合がほとんどです。
しかし、ソロキャンプの場合は自分で手の込んだ料理を作るのも良いですが、『焚き火を楽しみたいからご飯はカップ麺でいいや!』なんてことも可能。

手抜きキャンプ飯だとしても、まわりに何か言われる心配もありません。
1人だからこそ、手の込んだキャンプ飯を作って胃袋を満たすのか…
1人だからこそ、その他の好きなアクティビティを楽しむのか…
全て自分の判断で決めることができるのも、ソロキャンプの大きな魅力でしょう。

【最近は女性もソロキャンプブーム♪】

近年は、キャンプアニメ『ゆるキャン△』の影響から、女子ソロキャンプも大人気です。 女子高生ソロキャンパー、『志摩りん』が1人で焚き火や読書を楽しむ様に憧れやたくましさを抱いた方も多いのでは。

しかし防犯面では、やはり少々不安もあります。
筆者の場合は、見晴らしのいいファミリーの多いキャンプ場をチョイスしました。
人目につかない山の中は、やはり避けたほうがいいです。

しかし、道中は山でも『洪庵キャンプ場』の場合は、こじんまりしているのでキャンパーの顔を覚えることも比較的容易です。また、夜間は施錠されるため防犯性が高いです。
女性のソロキャンプの場合は、事前に隣のキャンパーに挨拶をしておくこともオススメします。
キャンプ自体はソロで楽しみつつも、いざという時に気にかけてもらえるのは非常にありがたいですよ。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。
今回は、ソロキャンプのメリットについてまとめてみました。
男性も女性も、関係なく1度行ったらハマると思います。
ソロキャンプは、誰にも迷惑を掛けないのに、究極のワガママが叶うアウトドアだと筆者は思います。皆さんも是非1度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。