【リーズナブル】キャンプ初心者はレンタル品をうまく活用しよう!

キャンプを始める際に、何かと出費が多いものが『キャンプギア』
筆者もキャンパーですが、キャンプを始めた当時は『テント以外にも色々なものが必要なものがあるのね…』、『結構お金かかるな…』というのが本音でした。

そこで筆者が、キャンプ初心者だった頃にうまく活用していたのがレンタル品でした。
今回はそんな、キャンプ場でのレンタル品のアレコレについてご紹介していきたいと思います。
今現在キャンプを始めてみようと思っている方や、始めたばかりの方も必見です。
是非とも、以下を参考にレンタル品を検討してみてください。

【レンタルのメリット】

レンタル品のメリットをご紹介していきます。

・気になるキャンプギアを試すことができる

キャンプギアは、1つひとつが結構なお値段です。
テントも数千円ならまだしも、高いものだと10万円を平気で超えます。
10万円のお買い物をするなら、1度は宿泊して試してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。そんな時に活躍するのがレンタル品。

キャンプ場のホームページをチェックすると、『〇〇(ブランド名)の〇〇テント』という感じでブランドを売りにしたレンタルも少なくありません。
ちなみに無印良品の南乗鞍キャンプ場では、あのOgawaのテントがレンタルできましたよ。
チェアはスノーピークで、ランタンはコールマン…
主流ブランドが一気に試せた為、キャンプ初心者だった筆者は当時非常に参考になりました。

・収納に悩む必要がない

レンタルであれば、当然ながら家で保管する必要がありません。
賃貸住宅や収納が少ない住居の場合、キャンプギアをあれもこれもと収納するのは非常に大変。
ちなみに筆者は、テント6張(グループ用やソロ用などさまざまな形状を含む) タープにシェルター、その他小物などあれこれ揃えましたが、一時期は部屋の半分をキャンプギアが占拠していました…(汗)
そこで生活するわけにもいかないので、今ではキャンプギア専用の物置を購入して庭に置いています。キャンプ熱が高まり揃えてしまいましたが、キャンプを経験していくうちに『これは必要なかったな…』というものもあるので、やはりうまくレンタルを活用しておけば良かったなと後悔もあります。

【レンタル品のデメリット】

もちろんデメリットもあります。

・自分のものにならない

これは当然ですが、レンタル品はお金を払っても自分のものにはなりません。
キャンプ熱が高まり、キャンプギアにこだわりたい方にはレンタルは向きません。
またヴィンテージなどのレンタル品はないため、自分が理想としているキャンプスタイルにレンタルギアがマッチしない場合もあります。
筆者もレンタルを利用した経験がありますが、翌朝になって返却する瞬間…ちょっぴり切ないんです。

・破損した場合が面倒

筆者が初めてキャンプをした際にレンタルしたコールマンのランタン、こちらがガラスのものでした。LEDランタンよりも慎重になり、風が吹くたびにハラハラしていました。
レンタル品を借りる際に払うお金とは別に、万が一破損してしまった場合は別途請求されることがあるようでした。
そのため、自分で購入したキャンプギアよりも慎重に扱う必要があります。
贅沢にゆっくり過ごせるキャンプですが、レンタル品の場合は特にギアにも気を配りましょう。
海が近いキャンプ場は、特に風が強いのでレンタル品を使用する際は要注意です。

【いくらくらいでレンタルできる?】

結論から言うと、キャンプ場によります。

筆者レンタルを利用した際は、何も持たずに行くプラン(テントやタープ、ランタンはもちろん…食器まで込み)で1万円くらいで借りることができました。
今思えばこれは、非常に安かったのでは?と感じています。
ネット上で事前にレンタル会社から借りる場合は、テントの種類にもよりますがテントだけで1万円するものもあります。
しかし、さまざまなブランドの中からチョイスできる場合が多いので選択肢はキャンプ場でのレンタルよりも多いです。
キャンプ場にレンタル品がない場合や、気になるテントが決まっている場合は、ネットでの事前レンタルもうまく活用するといいと思います。

レンタル会社の中にも、パックプランを用意しているところがあります。
まとめて借りることで “お得” になる場合が多いです。
予算やキャンプギアの具合に合わせて、自分に合ったものを選びましょう。

【おわりに】

いかがでしたでしょうか。
今回は、キャンプギアのレンタルについてまとめました。
気軽に試すことができるレンタル品は、キャンプ初心者さんの心をくすぐります。
もちろん、キャンプ経験者の方でも『このテント気になるから使ってみよう!使用して良い感じなら買おう!』なんて活用も可能です。
毎日使うものではないからこそ、うまくレンタルを活用すればお財布にも優しくキャンプを楽しむことができます。