キャンプには欠かすことのできないタープ!タープは一枚の布で作られているだけなのに暑さや寒さから守ってくれる必須アイテムです。

そんな便利なタープには種類があり、初心者キャンパーはどのタイプのタープを選んだらいいのか迷ってしまいます。今回の記事では、初心者キャンパーでも分かるように紹介していきますので参考にしてください。

タープの張り方を紹介

まず初めにタープを張る時に必要になってくる道具は「タープ本体」「ガイロープ」「ポール」「ペグ」などが必要になってきます。

次にタープを張っていきますが、まずはタープを張りたい位置を探す必要があります。

上記の道具を使用することも考えた上でどこにタープを張るか大まかに決めていきましょう!

タープを張る位置が決まったらポールに繋ぐガイドロープを止めるためのペグを打ちこみ、ロープをかけていきましょう。最後にゆっくりとポールがまっすぐになるようロープを調整していき、ペグで固定していくと完成!

ガイロープの選び方

ガイロープはタープを購入した時に付属品として付いていますが、ほとんどのロープは強度が弱く、すぐに劣化してしまいます。また、別で購入する際にも100均もガイロープは避けたほうがベター。最悪の場合、数回しか使っていないのにもかかわらず、ロープが切れてしまったという話をよく聞きます。

強風や天候の変化を考えると強度のあるロープを選ぶことが必須になってきます。そこで強度のあるテントロープをおすすめします。テントロープは素材やロープの太さなど多数ありますので、お好みのテントロープを購入し、アクシデントに備えましょう。

やはり安全を考えて、ここはリーズナブルなものよりも丈夫さを重視しましょう。

ポールの選び方

タープを設営していく上で必要不可欠なのがポールです。ポールを選んでいく上で重要なのは長さと太さです。ポールが長ければ長いほどタープは高くなりますし、ポールが太ければタープが安定しやすくなります。

おすすめのポールの太さは30mmを目安にしましょう。また、ポール単体で販売していますので、お好みのポールを購入しましょう。

ペグの選び方

ペグはタープを固定するために必要な道具ですが、付属のペグは基本的にアルミ製のものが多く、あまり強度はありません。プラスチック製のペグ(通称プラペグ)も強度は弱い傾向にあります。

また、設営する地面が砂利の場合ペグが刺さらない可能性がありますので、ペグも利用するキャンプ場に合わせて選んでいく必要があります。ペグも素材や形などたくさんありますので、どのペグにしたらいいのか分からない場合は店員さんに聞きましょう。

タープの種類と特徴

タープといえばキャンプをしていく上でリビングの代わりになる部分がタープです。また、キャンプ場の中では1日でもっとも長く生活するスペースになります。

そのため、リビング代わりになるタープを適当に選んでしまっては、快適なキャンプライフを送ることができません。それではこちらでは快適なキャンプを送れるために上手なタープの選び方と、タープの特徴を紹介します。知っていたら自慢できちゃうタープの種類や特徴をしっかり覚えちゃいましょう!

レクタタープの特徴

こちらのタープの特徴はメインとなる2本のポールと4本のサブポールで設営する非自立式のタープになります。

また、他の種類のタープと比べると大人数入ることができるのも特徴です。ただし、注意する点は、非自立式ですので設営に時間がかかりますので購入するときはよく考えてから購入しましょう。

ヘキサタープの特徴

こちらのタープの名前の由来は、六角形(ヘキサゴン)からきています。2本のポールとロープのみを使用するだけなので設営が簡単!

また、ロープを調整することで日陰の部分を調整できるのもこのタープの特徴です。慣れてしまえば1人でも設営可能ですのでとても便利なタープです。

ウィングタープの特徴

こちらのタープは、ヘキサタープとほとんど同じタイプですが、六角形ではなく「ひし形」になっているのが特徴です。

設営方法もほぼ同じですので、お好みで購入しましょう。

スクリーンタープの特徴

こちらは上記の3つのタープと違い、自立式になっています。設営方法はテントを張るイメージで、周りは網目になっていますので、防虫対策に抜群!

また、スクリーンタープは価格も安いものが多く、キャンプ以外にもちょっとしたレジャーや家で使ったり出来るため、日常的に使えるのも嬉しいポイントです。

しかしこのタープ、プライベート性はあるものの解放感はいまいちです。また、設営は少し時間がかかってしまうことがデメリットです。

まとめ:シーンに合ったタープを選ぼう!

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では様々なタープを紹介してきましたが、人数を重視したタープや簡単に設営できるタープなどがあります。また、タープに必要となるアイテムも紹介していきましたので、付属品以外にも事前に準備しておくことをおすすめします。

タープを購入する場合は、今回紹介した情報を参考にしていただき購入に役立てると幸いです。これからキャンプを始めようかと考えている方の参考になれば嬉しく思います。