雨キャンプの楽しみ方紹介!せっかくのキャンプが雨になった場合でも雨キャンプで楽しんじゃいましょう!

今回の記事では、おすすめのテントの紹介や雨でも楽しめるアクティビティを紹介します。

雨キャンプを全力で楽しめる方法を知って、雨キャンプの時の計画を立てて楽しみましょう。

雨キャンプを楽しもう!

ずっと前からキャンプ場の予約をしていたのに当日になったらまさかの雨。

雨だったらキャンプを楽しむことができないとキャンセルを考えていませんか?

激しい雨や台風ならキャンプ場も休みにしてしまうかもしれませんが、たいしたことのない雨であれば雨キャンプを楽しむことができます。

ベテランキャンパーさんの中には、あえて雨の日を選んでキャンプへ行くなんてツワモノも。

ランタンを灯してテントの中でぼんやりと過ごす…

他のキャンパーさんが少なくてゆっくりと過ごせるのだとか。

晴れた日はもちろんですが、雨でも考え方や過ごし方1つで十分に楽しめそうですよね。

ということで、せっかくキャンプの予約をしたのなら雨キャンプを楽しんじゃいましょう!

雨キャンプのテント設営ワンポイント!

特に標高があるキャンプ場は天候が急変することが多々あります。

その場合、テントをしっかりと選ぶ必要があります。

雨キャンプを考慮してテントを選ぶときは雨除けになる前室の広さ、水漏れを考慮した耐水性のあるテント、加えて設営が簡単にでき、撤収が簡単にできるテントを選ぶことが大切になってきます。

また、急な天候変化に備え、しっかりとガイロープを張っておくことをおすすめします。

  • 事前の防水スプレーはマスト

大雨や洪水ともなると、防水スプレーでは対応しきれませんが、普通の雨であれば防水スプレーを施しておくことでやはり水を弾いてくれるため、雨漏りなどの心配が軽減されますよ。

近年では虫除けと防水の一体型スプレーも発売されていますので、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

  • シートをかぶせるのも1つの手

防水シートやブルーシートをテントの上にかぶせるのもおすすめです。

ただ、ブルーシートだとせっかくのおしゃれテントが台無し…

そんな時はカーキ色のシートなど少しおしゃれなものを選びましょう。

それでも見た目こそ劣ってしまいますが、雨を避けるのには非常に効果的です。

雨キャンプではインスタ映えよりも安全面を優先することが大切です。

雨キャンプならではのアクティビティ

普段は基本的にテントに入るのは寝るときだけという方もいますが、さすがに雨の日はテント内でのんびり過ごすのがおすすめです。

しかし、雨の日はテントの中で遊ぶのもありです。それではこちらで雨キャンプで楽しむことができるアクティビティを紹介していきます。

ラフティング&キャニオニング

どうせ水に濡れてしまうならラフティングやキャニオニングなどで思い切り濡れてしまいましょう!

増水や台風以外なら中止になることはありませんので楽しむことができます。しかし、突然中止になる可能性もありますので、事前に確認しておきましょう。

魚釣り

魚釣りに詳しい方には常識ですが、雨の日は気圧が下がるため、浅場の魚が活性化することにより、水が濁っているので小魚が泳ぎ回ることで大物の魚も小魚を食べるために動きまわります。

そのため大物の魚が釣れやすくなります。しかし、あまりにも雨が強い場合は水が濁りすぎて逆に釣れませんし、危険ですので、雨が強い時はやめておきましょう。

テント内で楽しむことができる遊びとは?

雨キャンプでは、外で遊ぶことができない場合はテント内で遊んじゃいましょう!

ここでは家で遊ぶのとはまた雰囲気が違い、大人から子供まで遊ぶことができる定番の遊びを紹介していきます。

トランプ

定番中の定番でもあるトランプですが、ババ抜きや七並べなど、トランプは色々な遊び方があるので飽きることなく遊べるのでおすすめです。雨キャンプで退屈なキャンプをしたくないので、トランプは必須アイテムではないでしょうか。

UNO

こちらのカードゲームも王道です。みんな集まったときは誰が一番早く「UNO」と叫ぶことができるか楽しみですね。カードゲームは持ち運びもコンパクトで便利なのでおすすめします。

人生ゲーム

こちらはボードゲームになりますが、最終的にどのような人生になるのか分からないので楽しめます。また、終わるまでが長いので雨キャンプにはおすすめですね。

まとめ:雨キャンプならではのアクティビティがある

いかがでしたでしょうか。

雨キャンプは普段のキャンプとは一味違った楽しみ方が多数あることがお分かりいただけたかと思います。

晴れている時には気付くことのないテントにぶつかる雨音の心地よさにも気が付けるかも。

また、テント内でのんびりと過ごすだけでなく、テントの中で遊ぶことで家族や仲間との会話がいつも以上に増えることも嬉しいポイントです。

ただ、撤収時にはゆっくりテントをたたむことが難しい場合も。

そこで必ずゴミ袋を持参するようにしましょう。

そうすることで、とりあえずしまって帰宅後にじっくりと乾燥やたたむことができます。

雨キャンプも晴れた日には味わえない特別なひと時を堪能できおすすめです。

ぜひ一度は体験してみてください。