キャンプと聞くと、テントやタープ…さらには焚き火台というように大型ギアに目がいきがち。

しかし、安全にキャンプを楽しむのに欠かせないのが小物たちです。

中でもグローブは、怪我なくキャンプを楽しむのに後回しにしがちですが”マストアイテム”

そこで今回は、キャンプ初心者の方でも納得できるようグローブの重要性をご紹介していきたいと思います。

薪を扱うとき

薪を扱う時に、キャンプ初心者の方は素手や軍手で行う方も多いです。

しかし、素手はもちろん軍手も編み方が粗いものが多く危険なのです。

木の素材やキャンプ場にもよりますが、木のささくれが出ていることも。

そんなささくれが手に刺さっては非常に危険です。

ダイナミックに自然を感じたいキャンプだからこそ、刺さらないように気をつけて作業するのもなかなかストレス。

そんな時こそ、グローブがあるとケガの心配なくワイルドに薪を扱うことができます。

フェザースティック作りや薪割りも楽々。

特にレザーグローブや、編み方にこだわりのあるグローブ(細かいものなど)が適していると言えるでしょう。

調理時もグローブは大活躍

おしゃれなスキレットやダッチオーブンは用意したものの…肝心のミトンがない!

焚き火台にかけると、想像以上にスキレットなどは熱を持ちます。

焚き火台にこだわっても肝心のミトンやグローブがないと大ヤケド!

とても不便なのです。

布製のミトンよりもグローブの方が熱伝導も少なく安心して調理を楽しむことができます。

設営時にも便利です

テントやタープを設営する際に、ペグダウンする時の安全面を考えるとグローブをつけていた方が安心感があります。

ロープをピンと張る際も、グローブがあれば滑りにくくしっかりと張ることができます。

また、ペグダウンする時に万が一ハンマーで…なんて危険なシーンもグローブがあることでケガも最小限に済みますよ。

万能なグローブはロングよりショート

焚き火の際は火を間近で扱うことからロングタイプのグローブも重宝します。

しかし、グローブを何個も持っていくのは何かと面倒…

万能性を考えるとショートタイプがおすすめでしょう。

ショートだから焚き火に使えないということはありません。

ショートタイプは、すでに近い感覚で手軽に扱うことができます。

キャンプ慣れしていない初心者さんでも、気軽に装着して作業できると思います。

デザインで選ぶのも◎

せっかくのキャンプ…特別な日だからこそグローブのデザインもこだわりたいですよね。

ある程度の耐久性など、自身のニーズに合ったグローブの中からおしゃれな1点を見つけ出すのも面白いですよ。

キャンプウェアに気合いを入れる方は特に、グローブにもこだわりたいのではないでしょうか。

細かな部分まで自分のお気に入りで固めると不思議と気持ちも高まります。

キャンプ用品店やネットには、色や形さまざまなものが展開されています。

是非お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

グローブの値段はどれくらい?

グローブのプライスは、メーカーや素材によってもさまざま。

大手通販サイトの海外製のものであれば、1,000円前後で購入できるものもあります。

ただ、口コミ(評価)は賛否両論。

中にはすぐに破れた…なんていうものも。

もちろん、1,000円のグローブでも安心して使うことができるものは多々あります。

しかし、1つひとつの製品ごとに縫製や耐久性など ”運” がある感じは否めません。

そのため、キャンプ初心者さんにとっては、数千円程度でメーカーから発売されているグローブを選んだほうが安心感はあるかと思います。(取り扱い方法なども日本語かつ、使用方法や使用上の注意事項も明確なため)

通販サイトのリーズナブルなグローブよりは多少値は張りますが、安心料として数千円プラスしたと思えば納得がいくのではないでしょうか。

安全のために使うグローブだからこそ、耐久性は非常に重要なポイントです。

Yaei Workersからも新ギア続々登場!?

2019年に誕生した、新鋭アウトドアブランドのYaei Workers

今年は『LEDランタンBEAM』と『チタン製焚き火台』の2つのギアを発売。

どちらのギアも、多くのキャンパーが手にしてくれました。

本当にありがとうございます。

来年も、キャンパーの『こんなのが欲しかった!』を叶えるギアを続々展開予定★

現在もキャンパー目線での新商品を開発中!

こだわりにこだわった、妥協のないギアがYaei Workersの自慢です。

どんな商品が来年は発売になるのか…新商品第1弾は近日お伝えしますね!

Instagram @yaeiworkers

こちらでも新商品情報やキャンプ情報を続々配信中!

是非フォローして最新情報をチェックしてくださいね。

来年もキャンパーの皆さんの、Happyなキャンプライフのお手伝いをさせてください♪